看護師の転職を考えるきっかけとは?

新卒看護師がブラック病院をクビになった話

ども!
サエコです。

看護師1年目の皆さん、お仕事どうですか?

「毎日が充実!」
「成長が実感できる!」
「先輩がやさしい!」

ふむふむ。
そうですか。
楽しそうで何よりです(^^)


え?私ですか?
私が新卒のときは…。


控えめに言って、最悪な1年でした…。

今回はそんな地獄の新卒時代を書いてみます。


激務

わたしが配属されたのは脳外でした。

院内では名の知れた激務の職場。
鬼の師長が仕切っていました。

朝は早く、新人は7時出勤(9時始業なのに)

終業は22時を回ることも。
20時に帰宅できれば「今日は早かった。ラッキー!」と思っていたほど。

家に帰ってもレポートと看護研究でプライベートはまったく無し。

提出できないと地獄を見ます。
必死です。
夜2時、3時までレポート。
朝6時に起きてマッハで出勤する毎日。

こうした影響なのか。
頭がおかしくなり。
何をやっても記憶できません。
すぐに忘れてしまいます。

毎日のように叱られました。


試練

私は働き続けました。

でもさらなる試練が。

「看護助手さんの教育」です。

え?新人の私が?

当時は驚きました。

まだ半人前なのに。
教える知識もないのに。
慣れない仕事ばかりなのに。

大変でした。
お昼ご飯を食べる暇も無くなりました。

それでも。
看護助手さんに、私の知る限りを伝えました。

仲良くもなれました。
ゆっくり話をする暇はなかったのですが「頑張りすぎないでね」と言ってくださったり。
社会人になって、初めて優しさに触れた瞬間です。


しかし試練は続きます。
医師のクレームが私に来るようになりました。
師長からは罵声の毎日です。

でもどうにもなりません。
そもそも時間が足りませんし、改善する知識もありません。

死のうと思いました。

でも看護助手さん達が守ってくれました。
「私達がやっておくから」「大丈夫」と言ってくださいました。
看護助手さん達は、サービス残業しながらも色々と助けてくださいました。

ただ、それでも人手が足りません。
看護助手さんにとっても過酷な職場のため、辞める人も多いからです。

「なんで出来てないの!!!?」

師長から罵倒されました。
ボロボロでした。

「甘い事やってちゃダメ!」
「助手を怒鳴ってでもやらせなさい!!!」

それだけはできません。
看護助手さん達だけは守ろうと決めていました。
私が盾になろうと思っていました。

師長は来る日も来る日も、怒鳴り続けました。



号泣

体がおかしくなっていました。

筋肉痛が治らないのです。
歩くものやっとです。

深夜、クタクタになり。
ようやく就寝。

でもすぐに目が覚めてしまいます。
体が痛くて眠れないのです。

眠ても痛みでまた起きる。
ウトウトすると怒鳴られる夢を見る。

ボロボロでした。


ある日。
看護助手さんとシーツ交換をしている時。

うぅぅ・・・

突然、胸に激しい痛みを感じました。
死ぬんだと思いました。


幸いなのか。
少し座っていると楽になりました。

でも。
涙が止まりません。
どうやっても止まりません。

1時間以上、泣いていたでしょうか。
その日は仕事にならず、そのまま帰宅しました。


次の日。
看護助手さんが2人。
わざわざ家まで来てくださり、心療内科に連れて行ってくれました。

優しそうなおじいちゃん先生でした。

「心当たりはありますか?」

仕事しかありません。

でも何も言えず。
黙っていました。

「楽になっても大丈夫ですよ」

「・・・」

「た、助けて・・・ください」

私は号泣。
看護助手さん2人ももらい泣き。
みんなで泣きました。


休職

私は休職になりました。
看護師になってだ6ヵ月目のことです。

しかし休職は有給扱いでした。
労災ではなく。

でも私は休めるだけで嬉しくもありました。
何も考えたくなかったのです。

休職中はずっと寝ていました。
体の痛みは続き、職場の悪夢も続きました。
安眠できず、横になっているだけでした。

外に出るのが怖くなりました。
人混みで、めまいがするのを初めて経験しました。

友達や看護助手さんが訪ねてきてくれ、一緒に散歩や買い物をしてくれました。


クビ

予定の10日間ではどうにもならず。
休職して1ヵ月が経ちました。

1ヵ月は地獄でした。
ただ寝ているだけですがとても辛かったです。

師長からは毎日のように電話がかかってきました。
とても申し訳なく思いました。
それがプレッシャーになっていました。

でも復帰を考えると、怖くて怖くてどうしようもなかったのです。

部長と面談しました。

「病院の規定により、これ以上休職できない」
「復帰する気があるなら、あと数日は何とかできる」
「どうするか身のふりを考えておいて」

病院の規定であれば仕方ありません。
部長は良くしてくれたと思います。


その夜。
友達や看護学校の同期、看護助手さん達が集まってくれました。

「クビって事でしょ!?」
「酷すぎる!」
「ゆるせない!」

と泣いてくれる子もいました。

「訴えよう!」
「慰謝料取ろうよ!」
「労働監督署に相談しよう!」
「弁護士の無料相談もあるから!」


「サエコ、どうする?」

「・・・」

「ごめん・・・ムリ・・・」

私には戦う気力が残っていませんでした。

楽になりたい。
もうあの病院と関わりたくない。
逃げ出したい。

ダメな人間です・・・。

せっかく集まってくれたみんなをガッカリさせてしまいました。


こうして私はクビになったのです。
2015年11月の事でした。


残ったもの

事実上のクビでしたが、自主退職という形でした。
退職金などは一切なし。

もし労災が下りていたら、お金が貰えたそうです。
あとから知りました。

お金は少しでも確保しておくべきでした。
退職から半年ほど寝込んでしまい、お金に困りました。

このままじゃいけない。

看護学校の同期に勧められて、転職サイトに登録。
凄腕の担当者さんが付いてくれ、おんぶにだっこ。

ホワイト病院に拾っていただけることに。
その後、3年勤めていますが、本当に運がよかった。

今の師長はとにかく優しいです(聖人みたいな方)
先輩達にも仲良くしてもらっています。

あの時の看護助手さん達。
いまだに仲良くさせてもらっています。
年に何度か集まって、みんなで飲みに行っています。

新人さんが潰れて辞めていくのは、今もまだ続いているそうです・・・。

そう考えると。
私が病院と戦っていれば・・・。
後輩達が苦しまなくて済んだのかもしれません。

被害者は増える一方です。
ブラック病院とは誰かが戦わなければいけません。


後悔しています。
もっと自分が強ければ。
情けないです。


でも。
あの時。
そんな力は無かったのです・・・。

どうかお許しを。


最後に

1年目の皆さんへ

私は1年目でクビになました。
残ったのは、借金と友人でした。

それとボロボロになったメンタルとこの体。

体の痛みはいまだに残っています。
病院で検査してもらいましたが、原因不明。
おそらく精神的なものだろうと。

いまだにあの悪夢でうなされます。


1年目の皆さんへ
死にたいほど苦しんでいる方へ

どうぞ逃げ出してください。

1年目の新人でも。
看護師なら仕事は沢山あります。
その病院にしがみつく理由はありません。

あと10年、20年もその病院で働けますか?

「転職する道もある」

と知っておいてほしいのです。

それでは。
m(__)m

転職を考えた時の体験談を聞かせてください。